最近の記事

煙草のサイズ

posted by IPWO at | Comment(0) | 失敗研究

中国の知財意識は向上していると思います。

中国ってすごい国だと思います。
何しろ、一党独裁です。 法は党の意志によって影響されるわけですから強大なコントロール下にあるのだと思います。
そして、党でさえ巧妙な仕組みによって、特定人物の独裁を許さないという構造があるのだと思います。
 
そういいうことを知財面でも感じます。
今では日本を抜いて、世界一の特許出願数ですが、著作権でもしっかり意識が高まっています。 ものまねと騒いで甘く見ていてはいけないと思います。

さて、先日の新聞で囲碁の神様とされる呉清源さんがご逝去されました。
100歳の天珠を全うされ素晴らしい業績を残されました。
後の神様

読売新聞 2014年12月1日より引用

中国のご出身ということですので、中国版検索サイト百度で見てみました。
baidu[4]

百度では様々な記事があらわれます。

ところが、その中の記事を見てみようと開くと、地域が違うという理由で見ることができません。(英文)Sorry,this video is not available in your region due to copyright limitation.
baidu

很抱歉,由於版權原因暫無法播放。という表示
中国語では、「申し訳ありません。著作権により、再生できません。」といった感じです。

つまり、著作権の意識は、確実に高まっていると感じます。
これは動画であるために、特に意識が高いのではと感じました。
(見る手段はあるのでしょうが。)

ネットでは、特定の語を入れると、ブロックされて検索結果に現れないとも言われています。
実際にgoogleも中国本土から撤退しているわけです。
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/focus/309.html

しかし、このことは緻密にネット環境が監視されているということでもあります。
ということは、いつでも簡単に、中国でのネットを世界に比類の無い著作権保護重視にもできるということです。

これは、中国に住む人には容易に知財尊重の意識、知財の価値意識を認識付けることにも使えるということです。

中国の知財意識を甘く見ていてはいけないと感じます。

 


▼戻る index ▲次へ      行政書士 矢澤清志

語呂合わせは著作権?

語呂合(ごろあ)わせって。
いろいろありますね。
歴史で年号を覚えるときに、「なんときれいな平城京」でなんとだから710年とか。 無事故でやった大化の改新で、645年とか。

あと、試験関係は一杯ありますね。
とにかく暗記したいときに有利です。

「試験 語呂合わせ」で検索したら、いろいろなゴロあわせ集があります。

畑違いの分野を覗くと、ただ面白いです。

便所で直人が溺死した ここでいいん? 便所で直人…ベンゾナテート 溺死した…デキストロメトルファン ここでいいん…コデイン (溺死…咳もすることができない)
鎮咳薬には、ベンゾナテート・デキストロメトルファン・コデインがある

http://5656.ftani.com/090127_Part4.html より

薬剤師さんの試験対策なのですが、まったく聞いたことが無い語句が並びます。

おもしろい。

こういうのにも著作権ってあるのでしょうか。
もちろんあると思います。
思います、というのは、最終的には裁判官が決めるからです。
ただ、誰が作ったのか証明することが難しいでしょうね。

語呂合わせを作った! 試験の本にも無い。
そういうときは、自分の著作物だと考えて良いと思います。

自分でも作ったことがあります。
実際役立ちました。

行政書士の試験で、「行政行為」という専門用語があります。
たくさんあって、段階もあって、これを覚えるために自分で語呂合わせを考えました。
そして、それはひとつの絵で覚えられます。
運転免許を、お金で買うというイメージです。
交通確かに受けました。

「金貨は、免許の特認代。 交通確かに受けました。」

金 :禁止
貨 :下命
免 :免許
許 :許可
特 :特許
認 :認可
代 :代理
交 :交付
通 :通知
確 :確認
受 :受理

自分で作った語呂合わせは、なかなか忘れません。
10年以上前の作ですが。

ご自由に使って下さい。


▼戻る index ▲次へ      行政書士 矢澤清志

ページのトップへ戻る