あずきバーの商標登録は、違和感の無い納得の判決です。


「あずきバー商標OK」読売2013.01.25
 
商標の身近なニュースがありました。
あずきの入った氷菓。 商標登録が認められました



名前は知らなくても、一度は食べたことがあるかと思います。
 
キンキンに冷えていて、舌に貼り付く感じと小豆の甘みを思い出します。
 
この商標の周辺を見てみますと、高裁の判定は妥当だと感じました。
 
本来、ありふれた名前や、成分などを表す場合には、識別力が無いとして登録されません。
 
しかし、このアイスは、パッケージや、ロゴの商標を登録しており、徐々に認知度をあげていました。
 
今回の商標は、パッケージやロゴではなく、純粋な文字としての登録を拒絶されていたものです。


ネットを調べると、国内の9割のスーパーでも扱われているという情報もあります。
 
そうすると、自然に識別力が形成されてきます。
 
つまり、高裁の判断をあおがなくても、時期が来て再度出願すれば、審査官も拒絶せず登録されたかもしれません。

今回は最初に審査官に拒絶され ⇒ 審判官にも拒絶され ⇒ 知財高裁に上訴していました。

 商標における知財高裁の審判判断の支持は、80%を超えており、今回のケースは珍しいのですが、個人的には違和感がありません。
 この例では、商標と社会的認識・判断との間には、最適時期があるという感を持ちました。
 


参考情報:

商標審決は通常覆らない
商標の審決支持率は80%程度で推移
特許庁:H23年度改正法における審判制度の概要と運用より

井村屋 BOXあずきバー

ウイキペディア

「冷菓の「あずきバー」は単体売上高の2割弱を占める主力商品で、日本国内スーパーでは9割以上の店で売られるナショナル・ブランドである」

   
平成17年(2005)9月22日
 第5503451号
登録:平成24年(2012)6月29日
30 あずきを加味してなる菓子
 第4896332号
登録:平成17年(2005)9月22日
30 あずきを加味してなる菓子


商標出願2010−52888
【審判番号】 2011−16950
【標準文字商標】 あずきバー
不服2011-016950
審決対応番号(1)

商標 審判 査定不服審判 13 商3条1項3号 結論(Z 登録しない) 分類(X30)
商標 審判 査定不服審判 17 商3条2項
商標 審判 査定不服審判 272 商4条1項16号

出訴事件番号(平24行ケ10285) 出訴日(平24.8.7) 知的財産高等裁判所 第4部

▼戻る  index ▲次へ      行政書士 矢澤清志

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページのトップへ戻る