エスプレッソーダを飲んで。 これはおいしい。  炭酸コーヒーを特許公報で調べてみる。

「エスプレッソーダ」がコンビニで目についたので試してみた。
新製品らしい。 コーラかと思ったが、よく見るとコーヒー。
 
コーヒーの香りを付加したコーラだろうと買って帰る。
 
 コップに注ぐと泡の色が微妙にコーラとは違う。
 
 飲んでみてようやくわかった。
 これはコーヒーそのものだ。
 そこに炭酸が入っている。
 
 コーヒーはもともと酸味を楽しむところがあるので、炭酸の味と違和感が無い。
 単なるアイスコーヒーは飲む気にならないが、これならおいしいと思える。 甘さも自然だ。
 普段は豆からコーヒーを入れて、ブラックで飲んでいるので、ペットボトルのコーヒーは、そんなにおいしいと宣伝されても飲むにならない。
 煎(い)れたてのコーヒーを、ポットに貯めておくだけで味は半減するのだから。
 
 しかし、炭酸が入ると、それはもう煎れたてコーヒーとは比較できるものではなくなっている。
 
 
 「スカッとコク深い 上質な甘さ」 の文句通りだと感じた。
 
次回は、ミルクを入れてみようかと思う。

知財を調べてみる。
 
・商標は、【商標登録番号】 第5477249号 ESPRESSODA\エスプレッソーダ として登録済みだ。
・容器は、非常に持ちやすいエンボス加工が施されている。 意匠登録は見当たらない。
・特許は、サントリーとしては、見当たらないが、他メーカーでは「炭酸入りコーヒー」として出願されている。
 
 特許第866846号(特開昭48-048668号公報)   すでに権利期限は切れている。
 
 明細書を読むと、コーヒーに炭酸を入れた場合、飲用開栓時に激しく発泡するということが問題点であったという。
 
 そのあたりの技術が、調整されて発売に至ったのでしょう。
 「炭酸入りコーヒー」が、新しいおいしい飲みものとして定着すれば良いと思います。
 
 
 

▼戻る  index ▲次へ      行政書士 矢澤清志

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。