語呂合わせは著作権?

語呂合(ごろあ)わせって。
いろいろありますね。
歴史で年号を覚えるときに、「なんときれいな平城京」でなんとだから710年とか。 無事故でやった大化の改新で、645年とか。

あと、試験関係は一杯ありますね。
とにかく暗記したいときに有利です。

「試験 語呂合わせ」で検索したら、いろいろなゴロあわせ集があります。

畑違いの分野を覗くと、ただ面白いです。

便所で直人が溺死した ここでいいん? 便所で直人…ベンゾナテート 溺死した…デキストロメトルファン ここでいいん…コデイン (溺死…咳もすることができない)
鎮咳薬には、ベンゾナテート・デキストロメトルファン・コデインがある

http://5656.ftani.com/090127_Part4.html より

薬剤師さんの試験対策なのですが、まったく聞いたことが無い語句が並びます。

おもしろい。

こういうのにも著作権ってあるのでしょうか。
もちろんあると思います。
思います、というのは、最終的には裁判官が決めるからです。
ただ、誰が作ったのか証明することが難しいでしょうね。

語呂合わせを作った! 試験の本にも無い。
そういうときは、自分の著作物だと考えて良いと思います。

自分でも作ったことがあります。
実際役立ちました。

行政書士の試験で、「行政行為」という専門用語があります。
たくさんあって、段階もあって、これを覚えるために自分で語呂合わせを考えました。
そして、それはひとつの絵で覚えられます。
運転免許を、お金で買うというイメージです。
交通確かに受けました。

「金貨は、免許の特認代。 交通確かに受けました。」

金 :禁止
貨 :下命
免 :免許
許 :許可
特 :特許
認 :認可
代 :代理
交 :交付
通 :通知
確 :確認
受 :受理

自分で作った語呂合わせは、なかなか忘れません。
10年以上前の作ですが。

ご自由に使って下さい。


▼戻る index ▲次へ      行政書士 矢澤清志

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページのトップへ戻る